遺品整理をする際に衣服はどうする?山梨の遺品整理専門会社がご紹介します!

遺品整理をご検討されていて、衣類の整理に困っているという方はいらっしゃいませんか。
衣類をどのように処分すれば良いのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのため、本記事では遺品整理での衣類の処分方法について山梨の遺品整理専門会社である当社がご紹介します。

□衣類を処分する前に確認することについて

遺品整理で衣類の処分をする際にはいくつか確認することがあります。
本記事では3つご紹介します。

1つ目は、エンディングノートや遺言書です。
エンディングノートや遺言書を故人が書いていた場合は、そこに衣類に関する本人の意思が残されている可能性があります。
そのため、本人の意思が書かれている場合はそれに従いましょう。

2つ目は、ご家族や親族の意思です。
衣類を処分する際は、ご家族や親族の方としっかり話し合わないとトラブルに発展してしまう可能性があります。
形見分けとして残す物はどれにするのか、処分の方法についてなどしっかりと話し合いましょう。

3つ目は、衣類のポケットです。
まれにジャケットのポケットや内ポケットに、お金やその人に関する重要書類が残されていることがあります。
そのため、衣類のポケットはしっかりと確認するようにしましょう。

□衣類の処分方法について

次に、衣類の処分方法についてご紹介します。
衣類を処分するためには、まず衣類を分類する必要があります。
具体的には、残しておくもの、捨てるもの、保留するものの3種類に分類しましょう。

本記事ではそれらの処分方法を3つご紹介します。

1つ目は、リサイクルショップに持っていくことです。
リサイクルショップでは、古着などの衣類の買取を行っているところがあるため、そのようなところに買取に出してみましょう。
衣類の買取は保存状態やブランドによって値段が大きく変化するため、保存状態が悪い物は買い取ってもらえない可能性があることも覚えておいてください。

2つ目は、遺品整理会社に依頼することです。
衣類の処分は時間と体力を非常に使う作業であるため、手間に感じてしまう方もいらっしゃると思います。
そのような方は、遺品整理会社に依頼しましょう。
プロの方が手際良く処分してくれます。

□まとめ

本記事では、衣類を処分する方法についてご紹介しました。
遺品整理で衣類の処分をしている方や、これからする予定であるという方はぜひ本記事を参考にしてください。
また、当社は山梨にて遺品整理の依頼を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

関連記事

お客様のメリットとなる整理方法をご提案します!

お客様のメリットとなる
整理方法をご提案します

出張費・お見積り・ご相談 無料

山梨の遺品整理専門 アルマ

《本社事務所》〒400-0223 山梨県南アルプス市曲輪田新田706-2
《甲府事業所》〒400-0851 山梨県甲府市住吉5-12-6
《笛吹倉庫》〒406-0041 山梨県笛吹市石和町東高橋167

TEL・FAX:055-284-7100

Copyright(c) 2019 alma All Rights Reserved.