遺品整理を行えていますか?衣類の整理方法について解説します!

山梨周辺で、遺品整理の行い方について気になっている方は多いですよね。
特に量の多い衣類に関しては、やり方を覚えることで素早く整理できます。
そこで今回は、遺品になりやすい衣類と衣類の処分方法、衣類の遺品整理について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□遺品になりやすい衣類は?

遺品になりやすい衣類についてここでは解説します。

まず1つ目は、スーツです。
男女問わずに、スーツは捨てづらいため遺品になりやすいです。

現代では、スーツは安価になり買いやすくなっています。
しかし、昔の人にとってはスーツは高価なものでした。
それゆえ、古くなっても捨てられずにおいている人が多いです。
また、同様の理由でジャケットもなかなか捨てる決心がつかないようです。

2つ目は、パジャマです。
病気で入院中だったり、施設等で介護を受けたりした人の場合は、パジャマがたくさん遺されることがあります。
未使用のものであれば、使用できるでしょう。
ただし、介護用のパジャマは着脱しやすいような構造であるため、普通の人にとっては使用しにくいデザインです。

3つ目は、着物です。
現代では、着物は七五三や成人式等の特別な機会以外ではあまり着なくなりました。
特に、高価な正絹の着物はメンテナンスが大変で費用がかかります。
それゆえ、しまわれたままになってしまうことも多いです。

4つ目は、毛皮など高級衣類です。
毛皮や本革、カシミアなどの高級衣類もなかなか捨てられないですよね。
高価格で思い切って購入したものは、着なくなったとしても捨てる踏ん切りがつかない方が多いです。

以上が、遺品になりやすい衣類についてでした。
捨てるのには、もったいないという思考になっている方は多いと思います。
そこで、次項では整理・処分するための方法について解説します。

□衣類の整理方法について紹介します!

遺品の中でも、衣類はその大多数を占めるため、衣類の整理の仕方を覚えることで、効率的に遺品整理を行えます。
遺品整理で衣類を分類するときには、遺すものと捨てるもの、そして保留するものの3つに分類しましょう。

遺すものには、主に3つの特徴があります。

1つ目が、ご自身にとって特別な思い入れがあるものです。
故人との大切な思い出としてこれからも手元に置いておきたいと思う衣類です。

2つ目が、生前の思い出が詰まった、故人が大切にしていたと思われる衣類です。
こちらは、他の親族との形見分けとして残しておきましょう。
故人を思い出したいときにはその形見を見ると、思い出せるでしょう。

3つ目が、他の衣類と比べて価値があり、あまり汚れていない衣類です。
これらは、フリマアプリやリサイクルショップを活用しましょう。
買い取ってもらえる場合があるため、残しておくことをおすすめします。

次に、捨てる衣類にもいくつかの特徴があることを覚えておきましょう。

まず、日頃から使われていた普段着や下着は捨てる衣類に分類されます。
また、穴が空いていたりきれいでなかったりしていて、ご自身が着ることもなければ、価値もないと思われる衣類は、捨てましょう。
他にも、残したいか必要ないか分からない衣類は、保留しておいてしばらくたってから決断するのをおすすめします。

□衣類の処分のやり方を紹介します!

遺品として遺った衣類は、様々なやり方で処分できます。
ここでは、4つのやり方を紹介します。

まず1つ目は、形見分けです。
衣類は本人が身につけていたものであるため、本人の思い出を色濃く感じやすいでしょう。
故人との思い出が強く残っているものは、親族のような身近な人に対して形見分けを行いましょう。
ただし形見分けする際には、受け継ぎたい人の中で行うようにしましょう。

2つ目は、リサイクルショップに売却するという方法です。
まだきれいで使えそうな衣類があったら、衣類専門のリサイクルショップに売却するのも良いでしょう。
古着屋さんは至る箇所にあるため、持ち込みは困難ではないでしょう。
処分する費用を抑えられるだけでなく、予想外な値段で売却できることもあるためおすすめです。

3つ目は、オークションサイトやフリマアプリを用いることです。
実際に、サイトを使用するとわかりますが、多くの衣類が売買されています。
それゆえ、買い取り手が見つかる可能性が高いです。

4つ目は、寄付することです。
衣類の寄付を受け付けている団体に対して衣類を送ることで、遺品として遺った衣類を処分できます。
ただし、あまりにも汚い衣類は送らないことと、寄付する団体の運営会社や代表名はしっかりと確認することは覚えておきましょう。

□まとめ

今回は、遺品になりやすい衣類と衣類の整理・処分方法について紹介しましたが、いかがでしたか。
遺品になりやすい衣類にはスーツや着物などがあります。
また、解説した整理・処分方法を把握しておいてください。
遺品整理について何かお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

関連記事