遺品整理と悲しい気持ちとの向き合い方について解説します!

気持ちの整理がつかず、なかなか遺品整理に臨めないという方は多いでしょう。
しかし、いつまでたっても遺品整理を行わなければ、前に進むことはできません。
そこで今回の記事では、遺品整理と悲しい気持ちとの向き合い方について解説します。
これから臨むという方は、ぜひ参考にしてください。

□悲しい気持ちへの向き合い方を解説します

「遺品整理をする気持ちにならない」「遺品を見ると思い出が蘇ってしまう」などの理由から手が付けられない場合は、一度時間をおいてみましょう。
賃貸の場合は、契約の関係で長い時間をあけることは難しいかもしれません。
しかし、気持ちの整理ができていない状態で遺品整理を行うと、さらにダメージを負う可能性があります。
長い時間が確保できない場合は、少しでも時間を置き、精神的にも安定した状態で臨むことが大切ですね。

また、遺品整理とは「最後の親孝行」とも言える行為であり、これから前を向いていくための儀式でもあります。
当然、故人との思い出が蘇って悲しい気持ちにもなりますが、死を受け止める大事なステップだと言えます。
それを踏まえた上で、前向きな気持ちで遺品整理に臨めるといいですね。

□遺品整理に踏み切るコツを解説します

まず、処分する手間があまりかからないものから手をつけましょう。
例えば、洋服やアクセサリーなどは、思い出が蘇り手が止まる原因になります。
そのため、書類や新聞といったものから先に片付け始めるといいでしょう。
片付けが進んでいるという実感が少しでもあれば、精神的にも楽になるため、有効な方法といえるでしょう。

遺品整理をする際、思い出が蘇り、感情が高まることがあるでしょう。
ここで感情を押し殺して我慢せずに、あえて前面に気持ちを押し出したり、涙を流すことは、大切な人の死を乗り越えるための重要なステップだと言えます。
思い切り吐き出すことで気持ちが軽くなり、少しだけでも前に進めるはずです。

また、一人で抱え込むことはあまり良くありません。
周りの友人や家族に相談して、自分の気持ちを共有することで、気持ちも楽になるでしょう。

□まとめ

遺品整理と悲しい気持ちとの向き合い方について解説しました。
簡単なことではありませんが、しっかりと死を受け止めて遺品整理を行うと前に進めるでしょう。
当社は、遺品整理のプロが単なる片付けとは異なる、ご遺族が安心して任せられる整理をいたします。
山梨県全域対応ですので、気軽にご相談ください。

関連記事