遺品整理でお悩みの方必見!遺品整理のやり方を解説します!

「遺品整理はどのように行うのかな」
「何から始めればよいか分からない」
遺品整理で、このようにお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、遺品整理のやり方を解説します。

山梨にお住まいの方は、必見です。

□遺品整理のやり方をご紹介!

遺品整理のやり方をご紹介します。
遺品整理は、4つのジャンルの整理を行います。

1つ目のジャンルは、財産として分けるものです。

財産として、分けるものは、次の通りです。
・銀行の通帳
・クレジットカードやキャッシュカード
・有価証券
・不動産などの権利関係書類
・貴金属や宝石などの価値の高い物

これらのものは貴重品となるため、優先的に整理しておきましょう。
価値の高い物のなかには、思い出の品が含まれていることもあるので、気を付けて整理することをおすすめします。

2つ目のジャンルは、思い出として残しておくものです。

思い出として、取っておくものには次のようなものがあります。
・アルバム
・写真
・趣味のもの

アルバムや写真等はまとめて保管しておくとよいでしょう。

3つ目のジャンルは、リサイクルできるものです。

リサイクルできるものは、家具や家電、書籍等です。
まだ使えそうなものがあれば、リサイクルでき、現金化も可能です。

4つ目のジャンルは、処分するものです。

1から3つ目までのジャンルで整理した後、残った遺品は全て処分するとよいでしょう。
「迷ったものは捨てる」などルールを決めて、物を減らしていきましょう。
そうすることで、徐々に物を減らせます。

また、遺品整理をするなら、最低でも3日は確保しましょう。
処分する物が多い場合は、運んだり処分したりする際に時間が必要ですし、処分できる場所を探す手間も必要だからです。
そのため、最低でも3日は遺品整理にあて、まとめておこなうことをおすすめします。

□遺品整理のコツをご紹介!

ここでは、遺品整理のコツを2つご紹介します。

1つ目は、感情と「哲学的に」向き合うことです。
感情に任せて行うのではなく、哲学的・論理的に考えることで、冷静に判断でき、遺品整理を進められます。

2つ目は、とりあえず「相続系だけ」整理することです。
相続系の遺品は、他の遺品整理と異なり、相続税の申告という法的な期限があるからです。
そのため、まず相続系を整理することをおすすめします。

□まとめ

この記事では、遺品整理のやり方について解説しました。
遺品整理でお悩みの方は、この記事で紹介したやり方やコツを参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事