生前整理のために物を片付けるコツを詳しく解説します!

死後のことを思い、できるだけ遺された人に迷惑をかけたくないとお考えの方は多いのではないでしょうか。
人生のやり残しを回避するためにも、自分で少しずつ片付けることは重要です。
そこで今回は、生前整理のためにものを片付けるコツを詳しく解説します。

□生前整理をやる意義を解説します!

生前整理とは、生きているうちにできるだけ身の回りのものを整理して、不用品や遺族が処分に困るものを前もって処分することです。
生前整理では、ものを「減らす」ことが目的であり、そのために不要なものを捨てたり、譲ることで遺品整理にかかる負担を減らします。
たとえ今処分できないものでも、どのように処分するかをあらかじめ伝えることは、生前整理の一つだと言えますね。

また、介護や子供と同居するために家を離れる際、家のもの全てを持っていくことはできませんよね。
家の中がもので溢れてしまっては、生活しづらいだけでなく、住む人みんなに迷惑がかかります。
そのため、不要なものを捨てる行為も生前整理と言えるでしょう。

生前整理は、人生におけるターニングポイントだと言えます。
これは死後の準備であり、これからの生活に大きく関わるものです。
気力・体力ともに必要なので、高齢になる前の体力があるうちから始められるといいですね。

□生前整理のコツを解説します!

自分ではなく、遺される人の立場になって、整理することです。
遺品整理をするとなれば、それは自分ではない誰かの行為によるものです。
「何をあらかじめ整理しておけば楽に片付けられるか」「どのように伝えておけば処分しやすいか」など、常に第三者の目線から考えると良いでしょう。

また、手のつけやすいものから処分することも大切です。
これは遺品整理にも言えることですが、思い出深いものから片付けを始めると、感情的になって挫折しやすい傾向があります。
まずは、新聞や書籍といった処分しやすいものから片付けを始めるとスムーズに進むでしょう。

もし今残したいと思っているものでも、時間が経ってから必要だと感じなくなる場合もあります。
当然、自分も家族も過ごしていくうちに気持ちに変化があります。
そのため、定期的に何を残すべきか見直す機会を設けましょう。

□まとめ

生前整理のために物を片付けるコツを詳しく解説しました。
早いうちから生前整理を行えば、気持ち的にも楽になるのでオススメです。
当社では、遺品整理だけでなく介護整理サービスも充実しています。
山梨県全域対応ですので、荷物の整理やゴミの片付けなど、お困りの方は気軽にご相談ください。

関連記事