生前整理で大切なこととは?遺品整理会社が解説します!

「生前整理をする際に大切なことを知りたい」
「親と生前整理をする際に重要なポイントは何だろう」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、生前整理で大切なことについて解説します。

□生前整理をする理由は?

生前整理には、「自分のことは自分で」という考えが根底にあります。
自分の死後、自分の物を整理する際に家族に負担はかけたくありませんよね。
人の部屋の片付けというのは、想像以上に大変で手間がかかりますので、生きている間にご自身の物はご自身である程度整理しておくことをおすすめします。
生前整理を行うことで、今までの人生を振り返り、残りの人生をどのように過ごすか、を考えるきっかけにもなるのでおすすめです。

□生前整理で大切なこととは?

生前整理で大切なことは、親御さんが何を大事にしているのか、何を遺したいと考えているのか、その判断基準を共有することです。
いくら家族でも、親と子では判断基準が違うことが多いです。
40代以上の方であれば、親御さんは、おそらく70代、80代以上の世代の方が多いのではないでしょうか。
この世代の方々は、「物を大切にする」ということを教えられてきた世代です。

家にある物は「家を支え、時代を生き抜いてきた」証でもあると感じ、とても大切に思われる親御さんもいらっしゃいます。
そこで、親御さんが何を大事にしているのか、何を遺した方がよいと考えているのか、その判断基準を共有することで、親御さんの死後、遺品整理をスムーズに行えます。
親御さんの物を、勝手な判断基準で判断して捨てるのではなく、親御さんの判断基準を知っておくことで、その基準をもとに判断できます。

例えば、母親の衣装ケースの中は、沢山の服であふれているとします。
その母親は遺して欲しいものは、「思い出のある服」です。
母親が亡くなり、ご遺族が遺品整理をした場合、30年前のボロボロのワンピースを見つけた際に、「私の小学校の入学式に母が着ていた思い出の洋服だったな」と思い返して、母親の思い出の服だと判断できます。
このように、数ある洋服のなかで、「親御さんはどの服に一番思い入れがあるのか」が理解できれば、遺品整理のときにも、遺す服と遺さない服を区別できます。

故人の判断の基準で処分するため、後悔することも少ないです。

□まとめ

この記事では、生前整理で大切なことについて解説しました。
生前整理でお悩みの方は、この記事を参考に検討してみてはいかがでしょうか。
山梨にお住まいの方で、何か疑問点等ございましたら当社にお気軽にご相談ください。

関連記事